October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« September 2004 | Main | November 2004 »

October 27, 2004

飲みすぎ。

飲んでばかりいる。

なぜか飲み会が集中しているのだ。

無い時は全然無いのになぁ。

昨日も飲んだ。
楽しいメンツ。このメンバーの飲みが一番楽しい。
お酒のペースも近いし。

そして今日も飲んだ。
久しぶりのメンツ。
鉄板焼きをアテにビール。
最高だ。

そして明後日も飲む。多分。

太るなーと思いながらも、
こんな毎日。
ありがたい。

自分が一人じゃない事を実感する。

良かったな。

って思う。

October 21, 2004

ソルファ

発売されました。

よい。
よいです。

てか、よくなってきた。
実は初めて聴いた時は
なんだかよく分かんなかった。

分かりやすいのに分かんない。
そんな感じ。

でもずっとずっと聴いているうちに
1曲1曲がどんどん心に染みてく感じになってきた。

この「ずっとずっと聴いている」ってとこがポイント。
ダメだこりゃ、と思ったら2回~3回聴いてやめちゃうのがほとんど。
もっと、聴きたい。もっと知りたい。
ピントが合うまでそう思いながら何回も何回も聴いてしまう。

大好きなアルバムってのはそうやって自分の体に入れていくのだ。

アジカンの曲ってのはその作業量が他のバンドよりいつも多い(笑)
そして初めて聴いたときには素直に私の中に入ってきてくれないモノほど
最終的には自分にとって大切な曲になる確率が高いのだ。
「ノーネーム」や「エントランス」、「君という花」もそうかもしんない。
なぜだろう…。

今、ソルファはその作業中(笑)

今回はさっきも言ったように非常に分かりやすいPOPなものになっていると思う。
シングル曲も3曲入っているし。
歌詞も、目をつぶるとぶわっとその情景が映像化されるが如くストレートだ。
が。しかしこれは、
「リスナーに媚びず、自分達が作りたいものを作った」と言うゴッチの言葉のとおり、
現在進行形の彼らが詰まっているのだ。
そう考えるとこれが狙って作られていないと言う事にかなり驚く。
それは、それだけ彼らの中には「POP」が根付いているということなのだ。
がむしゃらに「知って欲しい」という欲求と戦っていた「崩壊アンプリファー」の頃に比べ
物足りなさを感じる人もいるかもしれないが…。
これが彼らの本当なんだと思う。
てか「崩壊~」にも少なからずPOPさを感じていた私だが(笑)

ゴリゴリなら私きっと聴いてない。

音で言うと…。
アジカンを聴いた時の第一印象は
「リズム隊がかっこいいなぁ~。ここは。」
だ。
ベースライン、特にドラムが異常にかっこいい。
それに比べてどうしてもギターが見劣り(聴きおとり?)する感じがしていたのだ。
それが、今回上モノとリズム隊とのバランスが凄く良くなっている。
ギター。
めっちゃいいです。ケンさんごっつがんばったんじゃないでしょうか(笑)
まだまだちゃんと聴きこめてないので、アレなんですが、
私的には「ラストシーン」なんかが凄いお気に入り。ギター。
今までに無いアジカンサウンドだと思うし。
この曲に限らず、
なんか、ギターとリズムがええ感じに対等に絡んでる感じがするのだ。
今まではホントにリズムに引っ張られてる感が強かったんだよな。
あとは最大のウワもの。歌。
前にどこかにも書いたが、ゴッチの歌どんどん上手くなってるし、
ファルセットも叫びもちゃんと武器として使い分けてる。
以前の「心の底から湧き上る感情!」的な歌い方も良かったんだけど、
このアルバムの曲たちで考えるとやはり使い分けが必要。計算されているなぁ、と感じる。

てか、なんにしても、ゴッチの声。好きだ(笑)

ま、なんせ、発売されたばかりなので、まだまだ聴き足りない。
もっともっと聴いていくといろいろ発見もあるはず。
そして1曲1曲がもっと大切になっていくはず。
その頃にまたレビューを書けたら、と思う。今はまだ、無理だ(笑)
なんてったって作業中ですから。

October 19, 2004

梅の花

今日は友人とランチしにはるばる千里中央まで出かける。

何故千中なのか。
「梅の花」というお豆腐料理専門店があるのだが、
それのチャイニーズってのが、唯一千中にあって、
凄く美味しい、と言う事で行く事になったのだ。

千里中央。友達が芝居に出た時に一度降り立ったくらいで
ほとんど未開の地。

どうなんだ。この寂しい感は。
街の様子が、思ったより静かだ。

ま、それは置いておいて。
「梅の花チャイニーズ」
美味い。マジで。
あっさり中華。
薬膳スープが思ったより美味しかったのと、杏仁豆腐。
あのもっちりした食感は今まで味わったことの無い感じだった。

店を出て周辺をうろうろ。
中華街があると言うので行ってみたが…。
…人がいない。
いなさ過ぎて申し訳ない感情に襲われた。

ま、土日は人もたくさん…。いて欲しい…と願ってみたり。

茶するところもイマイチつかめないので、
梅田に戻る。
タワーレコードに寄ってこの前キャンペーンで来ていた
アジカンゴッチとキャプテンケンスイ氏のポラを確認。
友人はCDを買う。
お目当ての丸ビルのカンテ・グランテが定休日だったので、
近くのテイクアウトコーヒーショップ(名前知らんところ)
で軽くお茶して帰る。

贅沢なランチ。
美味しいものは心を豊かにする。
自分を取り戻す大切な時間。だ。

October 18, 2004

夏、無限。

アジカンがこの夏たくさんのフェスに出演し
駆け抜けた日々を綴ったドキュメンタリーブックを
今日やっと購入。

ガーッと読む。

私が8月に行ったナノ・ムゲンフェスinOSAKA
の事も書かれいた。

あの時私が感じた事を彼らも感じていたよう。

ライブひとつひとつに上がったり下がったり。

そんな姿を追いながら、
これからこの人達はどんどん大きくなっていくんだなぁ、
としみじみ感じてこっちまで上がったり下がったり(笑)

やはり私はこのバンドがいとおしくてたまらない。


さて、これは余談。
この本を買いに行った本屋さんで、ゴッチが表紙のBREaTHを発見。
みんなに読まれてぼろぼろになっているその本を手に取り見た写真が
あまりにも良くて買うかどうしようか悩む私(笑)
しかしあまりぼろぼろだったのと、アジカンモノ2冊買うアジカンバカになるのも
イヤだったので(ホンマはバカ)泣く泣く諦めた。
が、しかし。その後タワーレコードにCDを買うために行ったらそこにはピカピカの
BREaTHが山積み…。
迷わず買ってしまいました(汗)
やっぱバカ。
でも買ってよかった。
ゴッチは普段あまり写真写りがよくないと思う私だが、この写真は最高です(笑)
かっこいいです。マジで。

October 15, 2004

あ~あ。

もっと上手くなりたい。
楽器。
く~。

October 13, 2004

チーズ大会

昨日の深夜、
何気なくヤフーのオークションを見たら
アジカンモノで、欲しい商品があり、
気さくに入札してみたら、
即決だったらしく、あっさり落札してしまった。

で朝その振込みに行こうと思っていたので早く目が覚めてしまった。
あんまり寝た気がせん…。

落札はリップのライブチケット以来だ。
いつも取引の時はドキドキする。

夕方、事務所の子達と、カラオケ&チーズ大会。
カラオケは初めて一緒に行ったのだけど、
上手くてビックリ。
元ちとせの歌をちゃんとこぶしを回して歌ってた。
すごいー。

チーズ大会は、カルフールに売っているいろんな種類のチーズを
買って、みんなで喰らってみる会。
いろいろ種類はあったが、詰め合わせセットがあったのでそれを買う。
ついでに鳥1羽丸焼きの買う。

チーズのお味はと言うと。
ブルーチーズはわりとマイルドな方の種類だったので、まずまず。
一番美味しかったのはクリームチーズだった。
私はあまり好きではないのだが、このクリームチーズは最高。
バケットをカリカリにトーストして上に乗せて食べた。

鳥の丸焼きも激ウマ。みんなで解体しつつ、ほおばる。

いつものように、いろいろとしょうもない話をして憂さ晴らし。
楽しかった。

October 12, 2004

笑う

今日はよく笑ったー。
なんだかしらんが、よく笑った。

おかげで、凄い頭痛だったのが、
いつの間にか治ってた。

笑う事はいい事だと実感。

いつも笑っていられたらいいんだけどな。

October 11, 2004

昨日の

火事は、新聞(神戸新聞)に
写真つきで載っていた。

すげー。

出火場所の部屋は全焼。
でも住人はお出かけ中だったらしい。

なぜに?

ケガ人もいなかったようで。
良かった。

今日は帰ってもオモロイテレビがなくて
がっかり。
「ヒーロー」見たが、あまりの訳解らなさに悩む。

悩みすぎて、ストサンの録音に間に合わず…。
今日は久しぶりのフゥちゃんだったのに…。
仕方が無いので、テレビを消してリアルで聞いた。
YO-KINGの曲。フゥちゃんプロデュースの曲。カッコよかった。

October 10, 2004

地震雷火事おやじ

仕事帰り。
駅に降りたち、いつもの様に
家に向かって歩いていると、
♪ウ~ウ~
と消防車の音が聞こえてきた。
火事かな。
そう思いつつ、さらに進むと
バイクに乗った警察官が2人、
消防車の音を気にしつつ、辺りを
巡回している。

消防車の音は2台に増えた。

どこだろう…。

音は近くなったと思うと、急に音が小さくなり
聞こえなくなった。

遠いところか…

そう思いながらも鼻をつく焦げ臭い匂いで不安になる。
そして普段あんまり人がいない私の帰り道に
たくさん人が歩いている。
市営住宅の人達の話し声が聞こえてきた。
「どこや」
「この道まっすぐ行ったとこ。もう消えたで。」

この道まっすぐ…。家の近くかも。

市営住宅を抜けたところで、母と遭遇。
てか、いつも駅に着くと家に電話している。
で、散歩がてら母親が迎えに来てくれる。

私はすかさず「どこ?」
と聞いた。
「この坂を下ったとこにある角のアパートや。」

…良かった。家とはかなり離れている。
火事かな、と思って心配やってん、などと言いながら坂を下ると
凄い事になっていた。
や、火事自体はそれほどではなかったようなのだが、
それよりも野次馬の数と言ったら。
きっとあの辺の人は全員が出てきているであろう、と言うくらいの
人数だ。私は道を突き抜けたいのにそれが出来ない…。
仕方ないので若干迂回しながら
帰ったのだが、ちょっとしたお祭り騒ぎだ。
消防車も6台くらいは来ていた。

すごい。なんだかあの場所があんなに賑わっているのを見るのは
震災以来のような気がする。

そう思いながら
家に着き「火事やったみたいやで。祭りみたいやで。」
と父に言うと、パジャマのままでピューと外に出て行った。
彼はああいうイベントごと(?)にはやたら興味を示す性質なので、
「当分は帰ってこえへんな。消防署の人に「原因はなんやねん。」
とか聞いてへんやろうなぁ…」
と心配しつつご飯を食べていたら、5分程で戻ってきた。
「早いなぁ」と言うと。

「気がついたらパジャマやってん。恥ずかしいやんか。
原因知りたかったのに、近くまでよう行かんかったわ。」

好奇心も羞恥心には負けるらしい。へんなオヤジだ。

しかし。火事は怖い。
住人らしき人達が、アパートの前で呆然と立っているのを見て、
「もしアレが自分だったら…」と震え上がった。
気をつけなければ。

October 07, 2004

気付くの遅すぎ。

レピッシュの恭一が
自分の個人サイトを作っているのを今日発見した。
今、レピッシュの活動は事実上休止状態。
アナラーズはこの前言ったように完全凍結。
音楽が大好きな恭一は今どんな思いで過ごしているのだろう、
と思っていたのだが。
彼はがんばっています(笑)
ソロアルバムを8年ぶりに出し、ライブもやっております。
そのうえ自分のサイトを立ち上げ。
まだまだ元気なおっさんです。

アルバムまだ買ってないのだ…。
てか10月6日発売のモノ多すぎる…。
奥田民生とリップは前日に駅前TSUTAYAで購入したが、すぎもっさんのは売ってなかった。
今日買いに行こうかと思ったが、体力的に断念。Amazonででも注文するか~と、サイトに行ってみたが
取り扱いナシ。
…。いいさいいさ。ちゃんと自分の足でCD屋に出向いてちゃんと買うさ。それがファンたるもの。

てか、ファンたるもの発売日にちゃんと買うのがスジだわな…。
すまん、恭一。

kyouichi.bmp

負を呼び込む

心を入れ替え、
仕事に没頭。

しかしテンションは限りなく0に近いマイナス。
体調も最悪。

ホントにずっとお腹の具合が良くない。
母は医者に行けと言うが、
気乗りがしない。

明日は休みなので、
ゆっくり寝る事にする。

October 06, 2004

なさけない…

今多分私は凄いイヤな人だ。

仕事でのモチベーションが上がらず。
マイナス状態なのだ…。

ガーっと盛り上げて引っ張っていかなくてはならない
立場なのに、今それが出来ない。

やる気が出ない。

今日などはイライラしすぎて、
いろんな人に当たりちらしてしまった。

これじゃあ、やる気ナシのヒステリーババアだ。

イヤだイヤだ。こんな自分はイヤだ。

どうすりゃいいんだ…。
自分でも分からんよ。

October 05, 2004

JAZZる。

映画「スウィングガールズ」を観に行った。

多少、「ありえへ~ん」と言うシチュエーションや
耳になじまない東北弁などで引くところもあったけど、
結果的には面白かったと思う。

それからストーリーに感激した、とかは無かったけど、
楽器を好きになるプロセスや、練習する場面などは
自分が楽器とかかわってきた今までと若干オーバーラップ
したりして、泣けてきてしまった。

ま、でもあんな短期間で激ウマになれるのなら
苦労はしませんけどね。
うらやましいわい。

今も細々と楽器をやっておりますが、
やはり、私はああやってみんなとのアンサンブルを
楽しむのが好きです。
ダイナミック、且つ分厚いサウンド。
鳥肌たちますね。

そう、それを聴いただけで涙が出る。

あー。いいなー。

October 04, 2004

激変の職場

10月1日付の人事異動。
そりゃもう凄いものだった。
下克上は当たり前。
そのせいで退職者も出た。

私自身の役職や、ポジション
は変わりなかったのだが、
4月から私の上司となり、
いろいろと力を貸してくれた
人が異動になった。

この人とはいろんな問題点を
考え、試行錯誤し、改善を進めてきた。
この半年ホントに力強い私の見方になってくれていた。

その人が異動。
ショックだった。

どうしてよい上司はすぐにいなくなってしまうんだろう…。
2人で進めていたいろんな事はこの時点で永久凍結だ。
次の上司には期待できない。
悲しい。悲しすぎる。

ちなみにその人の異動先は
新店の準備室室長。
つまり店長になる予定だ。
急遽大抜擢。凄い…。

そんな事もあり、いろいろと悩んでいたここ1~2週間。
あまりに元気が無かった私にこの日記にたびたび出てくる
(天気を操ったり、素麺を小分けにして持って帰ったりする)Gちゃん
が私に絵葉書をくれた。

内容は…。
…内緒だが。とても元気付けられた。

ありがとう。アナタがいるから私は楽しく仕事が出来るんだよ。

ホントにありがとう。

October 01, 2004

とりあえず

アジカンの今度のアルバム「ソルファ」が
レーベルゲート2での発売を回避され、
めでたくCDでの発売が決まった。

これでアルバム3枚ともCDでの発売を
果たした。

良かった良かった。

ホンマ良かった。

良かったね、ゴッチ。

さて、今日はお休み。
「今日は何もしない!」
と決めていたので、マジでゴロゴロ。
この前貰った、リップの出演した番組ばかりを
録画したビデオテープをみて過ごす。

デビュー当時のや、途中までしか見ていない
情熱大陸とかもあって、見ごたえ十分。
1日中リップ漬けだった。

そしてニューシングル「黄昏サラウンド」のPVは
合計10回は見ているはず。
…だって。かっこいいんだもん。

カテゴリを「アジカン」にしたのに、
リップネタで終わる私。

« September 2004 | Main | November 2004 »